低公害車のクリーン税制

日本の環境技術は世界に引けを取りませんが、中でも自動車分野の低公害技術は特筆すべきものです。
トヨタがプリウスで世界に先駆けてハイブリッド車を導入し、現在はホンダなども続いたことで、ハイブリッド技術は最先端とまでは言えなくなり、より高度な低公害車が普及段階にあります。
政策面では、クリーン税制といって、環境技術を導入した車の取得税や重量税、自動車税などの税金を減免する政策が行われてきました。
かつては、燃費基準で環境対応を決めていた時期もありますが、環境技術が進化するとともにかつての先端技術が普及した技術となっていき、現行法で、クリーン税制で最も優遇される、自動車重量税免除の対象となるのは、電気自動車やプラグインハイブリッド車、クリーンディーゼル車です。
ついで、燃費基準の適合状況に応じて75%免除、50%免除などがありますが、免除の基準に適合するかは車種によって決まっているので、販売店に確認をしましょう。
電気自動車など、新エネルギーを利用する車は、事業用ならば特別償却などで必要経費になる割合を高めている場合もあるので、合わせて活用すれば車両関連の税金だけでなく、法人税や所得税の節税になることもあります。a0001_000584

コメントは受け付けていません。