維持費について

車を所有する場合、当然ながら維持費が必要になります。代表的な例としては、ガソリン代や整備費用を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、税金も立派な維持費用の一つです。したがって購入時には、この点についてもしっかりと考慮しておく必要があります。
税金は毎年4月1日時点での所有者に対して課税されます。税額は排気量によって異なり、排気量が大きくなればなるほど金額が高くなるように設定されています。また法律の定めにより2年ごとに検査を受けることが義務付けられていますが、この際にも重量税という税金を支払う必要があります。課税額は重量0.5トンごとに18,900円となっています。ただしエコカー減税の対象となっている場合はこれらの税金が軽減されます。ですから少しでも節税したいのであればエコカー減税の対象となるものを購入すればいいでしょう。
なお走行に必要不可欠なガソリンにも、じつは税金が上乗せされています。ガソリンを消費すればするほど、税金をたくさん支払う必要があるというわけです。この点についても、燃費の良いエコカーであればガソリンの消費量が少なくて済みますので、長期的な視点でみるとかなりの節税につながることが期待できます。ウェディング14

コメントは受け付けていません。